渡辺さんの家

house for watanabe








東京都足立区 / 住宅 / 木造3階建 / 夫婦+子供2人 

2013












小さな家族が、いつもつながっていられる様。













大きく軒を出したたたずまいの中に、 モルタル塗りの曲面の塔がある。

まわりに植えた樹木と家が絡み合っているようだ。

曲面が展開して、1階では路地空間を作りだし、

塔の中の階段を登ると、


2階では大きな馬蹄形のアーチを描く本棚に< モチーフが転換される。



そんな曲面のデザインを幹に、 モルタル、スチール、木、タイル、色どり、、、と、 渡辺さんが好きな素材を散りばめた。


バラバラの素材を幹がつなぎ、最後に渡辺さんの生活とご主人の写真が散りばめられた。








大きな大きな幹を持つ大木が、 内に外にと様々な生き物のすみかになっていて、

その全体がひとつであるように、

大好きなモノ達と共に渡辺さん一家が住みついたこの家は、

今ではいろんなものが切り離せない「ひとつ」になっていている。

奥様の笑い声は、いつも明るくキラキラと、家族を包む葉っぱのよう。









お父さんの工場の後に生えた大きな大きな木の幹に、

娘が家族を連れて帰ってきた。


そんな物語。


 

 

 

 

 


 

 
































 







 

 








 













































 

 

 

 

 

 










 

 

 

 

 

 











 


 

 



 

 





























 














 


 

 













<  

















































































 






敷地面積:85u   建築面積:48u  延べ床面積:111u 

構造:なわけんジム
施工:山口工務店/アトリエベガ(特注金物)/高橋園(造園)/ポーターズペイント(特殊塗料)
photo:西久保毅人